ありフェス2020

2020年8月2日(日)開催!(天候は未定!)

入場無料!!


ありフェス2020 OFFICIAL 映像「THE PREVIOUS」


ありフェス2020 STAFFドキュメント「URAdeadball」


決意表明

 


みなさま、毎年ありフェスへ、そして大槌町へ
応援とご協力を頂きありがとうございます。
情熱と感謝をいつもみなさまから感じています。

みなさまの協力で作られているありフェスは、

今年で9回目の開催を迎えます。

心から感謝とお礼申し上げます。
昨年はTHE DESIDE(覚悟)をテーマに、

最高の夏の「感謝の日」を作る事が出来ました。


大槌の象徴ともいえる「おしゃっち」で

開催出来た事で、また違った感覚を覚えました。
毎年ぶつかる町のルールやフェスへの感覚の

相違により、なかなか町とタッグを組んで

という方法を見つけられずにいましたが、

昨年大槌町を代表する「おしゃっち」と三陸鉄道の

情熱により8年ぶりに復活を遂げた「大槌駅」

とを繋ぎ沢山の来場者で溢れ返った8回目の

ありフェスは、町「大槌町」という大きな

キーワードを最大限に打ち出し大成功だった

と思っています。


いろんな意味で覚悟をもって望んだ昨年から、

2020年を迎え今年で9回目のありフェス

となります。みなさまの協力のおかげで、

あれから9年ひたすら前へ進んで参りました。

みなさまとの出逢いを力に変え、頂いた愛に

感謝を伝える事。それだけでなく新たな

大槌の地図に「感謝」と「笑顔」を刻む事。

 

ありフェスを通じ、繋がり、子供達が

新しい何かを見つける為に、その手助け

になるようなそんなイベントにしよう!

とTRYしてきました。

私達は9年前、ある覚悟を持って

リアルな「震災」という現実を目の当たり

しながら、明日への光を

探す旅を選びました。

 

あれから9年間みなさまに愛して頂きながら、

感じ、学ばせて頂きました。

 

「人の笑顔って、感謝って、人を動かす」

って事。昨年のありフェス終了後、

ある感情を覚えたのです。
今までのより圧倒的な素敵なその感情。

もちろん数字などの商業的な

事ではないのです。
ありフェスのコンセプトが伝わり、

笑顔が会場の至る所で弾け、広がっている。

 

「ありがとう。」の空間に立って、

あっ、俺が一番笑顔じゃないわって位に。

本当そう思ったんです。

私達は「ありフェス」というイベントそのもの

だけを見つめているわけではありません。

むしろそのものだけでは無くて、それが

(ありフェス)生んで残すもの。

 

「ありフェス」が存在することで、

生まれる新しい感情や、思いが新たに

大槌の地図に刻まれる事。

大切で愛おしい何かが「ありフェス」によって

変わり作られていくこと。未来の大槌に、

沢山のしがらみや、決まりきった

当たり前をぶち破る、強く、温かい

「ありがとう。」を作り拡げること。

「ありフェス」がもたらすたくさんの思いが

大槌町に根付いて行く事を望んでいます。

 

今の子供達が心から大槌町を愛し、いつか

未来の大槌を作り上げるそのきっかけとなる様に。

昨年のみなさまの笑顔はその思いを乗せて

くれるような素晴らしいものだったんです。

ありフェスは、ご協力いただく企業のみなさま、

ご来場してくれるみなさま、思いを飛ばして

くれる全国のみなさま、

無条件で駆けつけてくれるアーティストのみなさま、
声一つで力を貸してくれる仲間や友人の

みなさま、そして各関係者のみなさまに、

大槌町民のみなさま、その全てのみなさまに

よって作られるフェスです。
本当毎年たくさんの思いをと力をお借りしています。


昨年から三陸縦貫道が開通し、内陸からの

交通条件も大分緩和されてきました。

8年ぶりにできた大槌駅も昨年の台風の

被害で運休をしておりましたが3月には復旧します。
願わくば、ありフェスだけでなく

大槌の夏の風を感じにきてください。
9回目のみなさまも、1回目のみなさまも

本当にありがとうございます!

ありフェスは今年もみんなに逢いたいよ!

だから是非今年もお待ちしていますね。

ありフェス2020のテーマは

「THE PREVIOUS」

 

心の底から 誰かに 

何かに「感謝」できていますか?

 

「ありがとう。」って大切な誰かに

伝える事は出来ていますか?

 

これっぽっちでもいいんです。

その思いが全てを動かすはずです。
皆様の笑顔が僕らを動かしたように。

ぼくらは旅の途中です。

虹の駅はすぐそこです。

ではみなさま今年も行きます!

みなさまの絶大なるその情熱のパワーを

「ありフェス」に「おおつち」に貸してください!

 

STAFF一同みなさまが楽しめるような

「感謝」と「笑顔」の空間をご用意

できるように頑張ります。

 

みなさま今年も

おおつちありがとうロックフェスティバルを

何卒何卒よろしくお願い致します。


おおつちありがとうロックフェスティバル
実行委員長 岡野 茂雄